ブログネタ
日記 に参加中!
 いつものようにラジオを聞きながら職場へ。ぼんやりと聞いていたラジオでしたが、「ミツバチやクマンバチが飛び交っていました」と聞いて、はっとしました。

 多くの花が咲いている中でミツバチたちが蜜を集めている様子を言いたかったのでしょうが、それはおそらく「クマバチ」の間違いでしょう。

 クマバチは名前からして恐ろしそうですが、ミツバチ同様温厚な蜂で、こちらから攻撃したり、掴んだりしなければ刺しはしません。ミツバチに比べるとかなり大きいですが、恐れることはありません。

 クマンバチというのはクマバチそのものではなく、大きな蜂全体を指します。この中にはスズメバチが含まれています。スズメバチは大きくて、獰猛で、非常に強力な毒針を持っています。こんなのが飛び交っていたら即刻逃げなければなりません。

 ただ単に「クマバチ」と「クマンバチ」を混同しただけだと思いますが。もしそうでないなら、何人かの人が病院に担ぎ込まれているでしょう。しかし、まじめな話スズメバチは大変恐ろしい昆虫です。見かけたら冷静な対応が必要でしょうね。

 多くの昆虫の視覚は角速度に反応します。蜂から見て左右に動くと角速度が大きくなり、蜂を刺激することになります。逃げるときは落ち着いてまっすぐ後退するようにしましょう。動きの速いものに反応しますので、ゆっくりとです。袋小路に追い詰められたら静止するのがベストでしょう。どうせ、スピードでは勝てないのですから。走って逃げる場合は何かを振り回しながらにしましょう。上に書いたとおり、動くものに反応するからです。

 刺された場合、アンモニア水が有効と言われていた時期もありますが、でたらめですので、おしっこをかけたりしないようにしてくださいね。

スポンサードリンク