ブログネタ
=プロ野球全般= に参加中!
 阪神 4 - 1 巨人
 阪神 5 - 2 巨人
 阪神 4 - 2 巨人
 阪神 8 - 4 巨人

 阪神ファンを除き、この展開を予想できた人がどれくらいいたのでしょうか?阪神が安定の強さで1位巨人に4連勝。日本シリーズ進出を決めました。

 3試合目までは投手陣が非常に安定していました。とくに初戦で先発を任された藤浪投手がよくがんばりました。負ければ2勝差がつく大事な試合で見事に7回1失点。阪神ファンに勇気を与える勝利でした。その勢いに乗った阪神は3連勝で今日を迎えました。

 これまで打線の爆発はなかった阪神ですが、今日は序盤で6得点と最高の滑り出しを見せました。先発はファーストステージで好投した能見。これは圧勝か?と思われたのですが、どうも調子はいまいち。5回まで毎回の9安打を浴びてしまいました。阪神ファンはリードしていても落ち着かなかったことでしょう。それでも2失点に抑えたのですから先発の役割は十分に果たしてくれました。お疲れ様でした。

 2点を追加して6点差とした阪神は最終回のマウンドに守護神「呉昇桓」を送り出しました。ところがこれが大誤算。先頭から2者連続のホームランを打たれてしまいました!その後は抑えましたが、すっきり終われなかったのは残念ですね。しかし、勝ちは勝ち。日本シリーズも勝ちそうな気がしますね。

 2位に大差をつけて優勝した巨人は1勝もできずにファイナルステージ敗退。「まさか」と思う一方で「やはり」と思う自分がいます。巨人にとって痛かったのはエース菅野の離脱。彼がいれば違った展開になっていたことでしょう。それにしても1位が1勝もできないなんて、歴史的敗退ですね。

 巨人にとってCSは非常に嫌なシステムでしょう。でも、1位が敗退したから「CSは廃止すべき」などというのは滑稽。CSは最初から「3位のチーム同士で日本一を争う」ことも想定していますので、なんらおかしなことはありません。勢いの差はあったかもしれませんが、プロは負けたら何を言っても言い訳ですので。「弱かったから負けた」だけなのです。来年がんばりましょう。

スポンサードリンク