ブログネタ
=プロ野球全般= に参加中!
 オリックス 1 - 2 日本ハム

 たしか某監督は「投手戦にはならない」と予想していましたが、思いっきり投手戦でしたね。

 両先発投手が好投。メンドーサがいきなり先頭打者にホームランを打たれるという展開で、日本ハムは不安になったことでしょう。しかし、この回を1点で凌ぐとその後は5回までをきっちり抑えてくれました。メンドーサは良かったり悪かったりですが、今日はナイスピッチングでした。

 すると6回のチャンスで代打稲葉がタイムリーヒット、同点に追いつきます。1番から5番が1安打のこの試合で、代打で出てきてタイムリーって凄すぎです。本当に引退する選手なのでしょうか?今日は小谷野が5打数3安打と大当たりでしたが、この2本目のヒットを見事に活かしてくれました。

 試合は延長戦へ。試合を決めたのは4番の中田。これまで4打数無安打でしたが、5打席目は決勝点となるホームラン。流石は4番ですね。この1本がなければ、クリーンナップがノーヒットになってしまっていたのですからね。特に陽と大谷で10打数無安打6三振と、全く打てなかったのが目立ちました。ファイナルステージは大丈夫でしょうか?

 オリックスは初回に1点を奪いましたが、その後は得点できず。頼みのT-岡田もノーヒットで、投手陣を援護できませんでした。決勝点を奪われたのは平野佳で、「やはり」という気がしますね。「1位に近い2位」でしたがファイナルステージ進出はならず。金子が抜ければ来年は厳しいので、今年は勝ち抜いて欲しかったのですが、残念です。

 日本ハムは明日からソフトバンクとファイナルステージを戦うわけですが、厳しいことは間違いありません。「試合勘」と「勢い」を除けばソフトバンクが圧倒的に有利ですから。まぁ、それが1位のアドバンテージなので公平だと言えますが。日本ハムがソフトバンク戦でどんな戦いを見せてくれるのか、少しだけ期待しましょう。

スポンサードリンク