ブログネタ
ひとり言 に参加中!
 世の中には色々な人がいます。奇特な人もいれば、人を不快にさせる人もいるでしょう。基本的には気に入った人と行動を共にすればいいのですが、会社の中ではそうもいきません。嫌な人と仕事をしなければならないこともあるでしょうし、嫌がられるような言動をしてしまうこともあります。そこで、個人的なものですが「人に嫌われるタイプ」を列挙してみました。
・あいさつをしない人
 こちらは以前に書いたことがありますが、特に気になるのが「返さない人」ですね。「仕事ができる」と自負している人にこの傾向が強いです。偉そうな態度がこういったところに表れるのでしょう。
・人によって態度を変える人
 人間ですから、仲の善し悪しで態度が多少変わるのは仕方がないことでしょう。ですが、あからさまに変える人は軽蔑に値します。気に入っている人にはにこやかに接して、そうでない人には木で鼻をこくったような態度を取る人がいます。最低ですよ。
・自己中心的な人
 自分の意見を言えることはいいことです。しかし、それが絶対に正しいと思い込み、他人の意見を聞こうともしない人は、はっきり言って迷惑です。意見が分かれそうなものなのに勝手に結論を出し、その自覚が全くない。協調性が無い人とはかかわりたくありません。
・相手の気持ちを考えない人
 こういったら相手は怒るかもしれない、傷つくかもしれない、といった考えを一切持たず、言いたいことをはっきり言う人がいます。当然、喧嘩にならないように我慢してあげていることにも全く気付いていません。ここまで来ると「この人大丈夫かな?」と心配してしまいます。
 上記はほんの一例です。一応同じ会社の仲間ですから積極的に嫌うようなことはしたくありませんが、こういう人たちの相手をしなければならないのは大変です。自分もこんな人間にはならないように気を付けねばと常々思っています。

スポンサードリンク